CREATION

CONCEPT

高度化する社会には、「進化するもの」と「残すべきもの」があります。そして、ファッションの世界において「残すべきもの」とは日本の伝統と文化です。
昔からの「カタチ」、「素材」、「色」、そして「技術」、それは日本の文化であり日本には伝統的な素晴らしいものが沢山あります。その「カタチ」、「素材」、「色」等をモダンな感性と様々な「技術」によって自分の服づくりの中に取り入れてきました。ある時は昔ながらの手法を生かし、ある時は最新のテクノロジーを使って。それをクロスオーバーと表現します。日本人が歴史とともに育み、現代に残るものは今後も世界に通用するものと信じます。

京都は日本の文化と伝統の宝庫であるだけではなく、伝統的な技術を持つ職人の宝庫でもあります。私は以前より、その職人とコラボレートして創作活動を行ってきました。近年、その京都に住まいとアトリエを移転し、素晴らしい技術を持つ職人と緊密な関係を持ち、更にハイテクノロジーを使って、日本の伝統とモダンさがバランス良く融合した新しい“Japan Style”を目指しています。

私の服づくりの原点(コンセプト)は、「心と身体をやさしく包む」こと、それを新しいカタチにしてファッション文化として表現することです。伝統的な「残すべきもの」と進化する「テクノロジー」を使い、コンセプトに沿った服づくりを続けていきたいと考えています。デザイナーとして、「自然との共存」、「伝統と技術の共存」、そして「遊びと機能の共存」を目指しています。そして、それを「クロスオーバー」、「共存」、「融合」と捉えて新しいモノをクリエイトします。世の中は、今後益々高度情報化社会となり、デジタルの力がそれを牽引していくでしょう。ナチュラルなものを大切にしながら、テクノロジーとも正面から向き合う。どこまで思い通りになるかは分かりませんが、これからも挑戦していきたいと思います。

近年、経済優先社会の中で人と自然が共存すべき本来あるべき姿が壊れて著しい環境の変化が起こっています。もう一度、自然と共存するエコロジーなスタイルを取り戻してサスティナブルな循環型社会を目指すことが大切だと思います。自然との共存をベースに置く日本の伝統文化を生かした高度な再生デザインを進めようと思います。

菅井 英子

パリのショールームにて